交通事故の示談内容と示談書について分かり易く説明しています。

info_page

交通事故 示談内容と示談書について

スポンサードリンク



交通事故の示談内容

示談の内容を決める際は、いくつかの点に注意する必要があります。

損害賠償金の支払い方法にも注意することがあります。
納得のいく損害賠償金額が決められたからといって安心するのは、まだ早すぎます。実際の支払いがなければ全く意味がありません。
そのためにも、支払い期日および支払方法をきっちりと明確に決めておく必要があります。

また、もっとも確実な支払い方法は、損害賠償金の全額を一括で支払ってもらうことです。

加害者が加入している保険会社から支払われる場合は、ほとんどの場合一括で支払われますが、加害者本人から直接受け取る場合でも、一括で支払ってもらうようにしましょう。

分割払いとなった場合は、できるだけ確実に分割金が支払われる方法を考える必要があります。
例えば、頭金を大目にしたり、資金力のある保証人を付けるなど。

支払いが怠った場合は、すぐに加害者の財産から、強制執行手続きによって、取り立てられるようにしておく必要があります。
そのために、示談書を強制執行認諾文言付き公正証書で作成するようにしましょう。

交通事故の示談書

示談書の形式については、法律で定められていません。
しかし示談書は、被害者に対して、加害者が損害賠償金の支払いを約束するものです。
だから、後でトラブルが起きた場合など、示談書の内容は、非常に重要な証拠として扱われます。

YAHOOやグーグルなどで「示談書 ひな型」と検索すれば、多数のひな型がヒットしますので、ご自身にあったものを利用されるとよいでしょう。
また、自分で示談書を作成するのが不安な人は、専門家に相談してみましょう。


スポンサードリンク



交通事故の示談交渉開始時期

交通事故の損害賠償額を決める査定基準

Page Top


この改行が大事だったりする→
main_box_reverse