交通事故現場での注意についてわかりやすい説明をしています。

info_page

交通事故現場での注意について

スポンサードリンク



事故現場での注意

交通事故にあってしまったら、現場でしてはならないことがありますので注意して下さい。

加害者の場合

加害者になってしまった場合の注意事項ですが、
事故を起こしてしまった直後は、冷静な状態を保っていられない状況にあるはずです。
また、事故現場においては、被害者が負ったケガの程度や、これから発生してくる損害賠償額は不明です。
さらに、事故が起きた原因などをはっきりと把握することができないと思いますし、どちら側に原因があって過失割合はどうなるか、ということも正確には判断できません。

だから、このような状況にある事故現場では、加害者は具体的な損害賠償金について、話をするのはやめましょう。
また、すぐに示談をすることは、避けなければいけません。
示談は、一度締結してしまえば、やり直しができません。

また、事故現場で、「全ての原因は加害者にあり、被害者に与えた損害を全て加害者が賠償する」といった念書を、被害者に求められたとしても、絶対に書いてはいけません。
交通事故の場合、加害者だけでなく被害者にも過失が認められる場合が多いのです。
それなのに、そのような念書を書いてしまっては、責任の全てを認めたことになってしまいます。

被害者の場合

被害者になった場合に注意することですが、
被害者の立場でも同様に、事故現場において損害賠償金についての話は避けましょう。
また、すぐに示談をすることもやめましょう。

特に被害者は、事故直後は軽いケガだと思っても、数日か経ってから身体の異変に気づき、後遺症が残ってしまうこともあります。
必ず、病院で検査を受けて、ケガが治癒してから示談を始めましょう。

加害者の場合の注意事項でも述べましたように、示談など一度締結すると後からやり直しができませんので、いずれの場合でもその場で念書を書いたりして示談交渉はしないようにして下さい。

スポンサードリンク



交通事故

交通事故の被害者になった場合


Page Top


この改行が大事だったりする→
main_box_reverse