交通事故の被害者になった場合について分かり易く説明しています。

info_page

交通事故の被害者になった場合について

スポンサードリンク



交通事故の被害者になった場合


交通事故に初めて遭い被害者になった場合、どうしたらよいのかわからないと思います。
例えば、どうしたら被害者は損害賠償されるのかご存知ですか?
実は、被害者は損害賠償の請求を自分自身で行う必要があります。

また、交通事故の被害者になった場合、保険会社や加害者に全てを任せてしまっては、満足して解決することはなかなか難しいでしょう。
被害に遭った立場だからといって、何もしなくても補償される、というわけでもありません。
何も言わずに任せていたら、自分の納得のいく補償を受けられずに終わってしまう可能性が高いのが実情です。

保険会社側に、次のようなことを言われたことがありませんか?
あなたの方にも過失が認められるから、この損害賠償額で妥当です。
過去の判例でも承認されたことだから、裁判を起こしても何も変わりませんよ。
この程度のケガなら働けるので、休業損害を受けることはできませんよ。

このように言われても、交通事故の被害者は、そのまま従ってはいけません。
まず、自分が遭った事故の被害が、どれくらいの損害賠償額に当たるか、自身で把握する必要があるのです。
事故の被害者が、損害賠償をどれだけ請求できるのかわからない状態で、示談してしまうのは非常に危険です。

では、被害者が納得のいく補償を受けるには、どうしたら良いかということですが、
まず、損害賠償の妥当な金額を自分で把握することが必要でしょう。
加害者に対して、被害者が事故の損害賠償を受ける際、保険会社が示した額の支払いを受けることがほとんどです。
なぜなら、保険会社から示された金額が、その事故に対して適切な損害賠償額であるかどうか、よくわからない被害者が多いからです。
つまり、たいていの被害者は、低すぎない程度の賠償金が貰えれば、それで十分だと考え、示談書や免責証書に押印してしまっているのです。

損害賠償が高額になるような事故の場合は、損害賠償の額を算定するのが、さらに複になり分かりにくくなるので、たいていの人が妥当な損害賠償額が不明だと思います。
ですから、保険会社が言ってきたことを鵜呑みにして、示談してはいけないのです。

損害賠償については、専門家に相談する方がベターです。
交通事故によって被害を受けた場合、色々な面で大変だと思います。
自分で損害賠償について学び、その額を計算して、妥当と考えられる損害賠償額の根拠を、相手側に示すことはとても大変なことです。
また、何の知識もない状態から、いきなり交通事故の法律的な知識を学習したとしても、経験豊な保険会社に対して示談交渉するのは、かなり困難ことでしょう。
仕事をされている場合はなおさらです。

それでも、被害者として、しっかりと自分の権利を補償してもらう必要はありますので、弁護士や専門家などの相談機関をなるべく多く利用することをお勧めいたします。


スポンサードリンク



交通事故現場での注意について

交通事故の加害者の義務について


Page Top


この改行が大事だったりする→
main_box_reverse