点数制度について基礎から学ぶ。運転免許を持ち自動車を運転するドライバー方へ点数制度とはを分かり易く説明しています。

info_page

点数制度の基礎

スポンサードリンク



点数制度とは

点数制度は、運転者の過去3年間の交通違反や交通事故に対して、所定の点数をつけ、その合計点数から運転免許の効力の停止(以下「運転免許の停止」という。)や取消し等の処分をする制度です。
この点数制度は、危険性の高い運転者を道路交通の場から早期に排除し、道路交通の安全を確保しようとするものです。


点数には、基礎点数という交通違反につけるものと、付加点数という交通事故やひき逃げなどにつけるものがあります。


基礎点数とは

基礎点数とは、交通違反ごとに、点数が決められています。
違反行為の危険度に応じて点数が区分されています。
例えば、駐停車禁止場所等での駐停車違反の場合の基礎点数は2点です。
また、酒酔い運転をした場合は、その基礎点数は25点ですから、1回だけの違反行為でも「運転免許の取消し」処分に該当します。

各交通違反の基礎点数は、交通違反時の点数一覧表をご覧下さい。



付加点数とは、

交通違反を犯して死傷事故を起こした場合や、人身交通事故・建造物損壊事故及び交通事故を起こし逃げた時、基礎点数(違反点)にさらに付け加えられる点数のことです。
付加点数についての詳細は、こちらの付加点数とはをご覧下さい。


点数の計算方法について

点数には、交通違反に付けるもの(基礎点数)と、交通事故に付けるもの(事故点数)、それにひき逃げなどに付けるものがあり、それぞれを合計を累積計算します。
免許の点数は、減点方式ではなく、累積方式なのです。
「あ〜、○点減点だ。」とよく誤解されている方がいますが、それは間違いなのです。
ですから違反によっては、累積点数が20〜30点ということもあり得るのです。
累積点数が一定の基準点数が超えた場合に行政処分が下されます。


違反1回目  点数=基礎点数+(付加点数)
             
違反2回目  点数=基礎点数+(付加点数)
             
違反3回目  点数=基礎点数+(付加点数)
             
          累積点数(一定基準を超えると行政処分)

例えば、

・酒酔い運転や麻薬・覚醒剤などを使用しての運転行為は、
 事故に直接結びつく危険な運転ですので、その点数が25点、と
 なっており、一回の違反行為で免許取消しになります。


・一般道路における30Km以上の速度違反および
 高速自動車国道などにおける40Km以上の速度違反は、
 違反点数が6点以上となり、一回の違反行為で免許停止になります。


※尚、同時に2つ以上の違反をしたときは、高い方の点数が付けられます。


交通事故を起こしたときは、事故の種別と不注意の程度に応じて
事故点数(2点〜20点まで)が加算されます。


たとえば、

・酒気帯び運転(呼気中のアルコール濃度が0.15mg/g以上0.25mg/g未満)をし、 その一方的な不注意により重傷事故(治療期間が3ヶ月以上)を起こした時は
酒気帯び運転6点に事故点数13点が加算され、その合計が19点になり ますので、免許取消しになります。



点数が計算される期間


点数は違反をした日から過去3年間に振り返って計算されます。
このため軽微な違反を繰り返し重ねた場合も見逃さず取り締まられてしまいます。
ただし以下の場合には, それ以前の交通違反や事故の点数が加算されることはありません。


  • 運転免許の取消しや停止処分を受けて、無違反・無事故(以下「無違反等」といいます)で取消し期間または停止期間を過ごしたとき。
  • 運転免許の取消しや停止処分を受けて、無違反・無事故(以下「無違反等」といいます)で取消し期間または停止期間を過ごしたとき。
  • 過去2年以上の間、無違反等で過ごし、その後1〜3点の軽微な交通違反をして、更に3ヶ月間無違反で過ごしたとき。
  • 軽微な交通違反(1〜3点)を繰り返し、累積点数が6点(交通事故の場合は1回で6点を含む. )になり、違反者講習を受講したとき。


処分などの基準点数

累積点数が一定の基準に達すると、行政処分を受けます。
行政処分の前歴回数が多くなれば、点数が少なくても重い処分を受けることになります。

運転免許の停止や取消しの処分及び欠格期間(運転免許を取消されてから、新たに運転免許を受けることができるまでの期間)の指定は、合計点数によって行われますが、その基準は次の表のようになっています。


過去3年以内の 運転免許の
停止などの回数
免許の停止 免許の取消し
欠格期間1年
免許取消歴等
保有者は3年
欠格期間2年
免許取消歴等
保有者は4年
欠格期間3年
免許取消歴等
保有者は5年
欠格期間5年
免許取消歴等
保有者は7年
0回 6点〜14点 15点〜24点 25点〜34点 35点以上 45点以上
1回 4点〜9点 10点〜19点 20点〜29点 30点以上 40点以上
2回 2点〜4点 5点〜14点 15点〜24点 25点以上 35点以上
3回以上 2点または3点 4点〜9点 10点〜19点 20点以上 30点以上

欠格期間とは免許の試験を受けることのできない期間をいいます。(ただし仮免許を除きます。)

免許取消歴保有者とは過去に違反行為、重大違反そそのかし等又は道路外致死傷を理由として免許の取消・拒否・事後取消し又は6か月を超える期間の自動車等の運転禁止を受けた場合をいいます。


軽微な交通違反(1点, 2点, 3点)を繰り返し、累積点数が6点(交通事故の場合は1回で6点を含む)になり違反者講習を受講したときには、その後の違反は合算されず又前歴とはなりません。


未受講者は、処分を受けることとなり短縮講習の受講はできません。


例えば、以前に一回運転免許の停止を受けたことがあると、
合計点数が4点で停止、10点で取消しになります。

また、欠格期間中または欠格期間が終了後5年以内に再び免許の取消し処分等を受けた時は、欠格期間が2年延長されます。



運転免許の拒否、保留について

免許証の交付を受ける前に交通違反をしたり、交通事故を起こしたりすると、
免許が受けられなかったり、一定期間免許証の交付が保留されることがあります。



無事故・無違反の運転者に対する特例について

免許を受けていた期間(免許が停止されていた期間を除きます。)のうち、一定期間、無事故・無違反であった運転者については、違反点数または前歴の 計算において、次のような特例が認められています。


・1年以上の免許期間、無事故・無違反であったときは、それ以前の違反や事故の点数は加算されません。


・2年以上の免許期間、無事故・無違反であった者が、軽微な違反行為(点数が3点以下である違反行為)をした場合、
その後さらに3ヶ月の免許期間、無事故・無違反であったときは、その点数は加算されません。


・運転免許の停止などの前歴のある場合であっても、その後、1年以上の免許期間、無事故・無違反で、しかも、運転免許の停止も受けないで経過したときは、それまでの運転免許の停止などの回数は消され、前歴0回の者として扱われます。


このように、一定期間を無事故・無違反で経過すると、点数計算などで有利な取扱いを受けることになります。

スポンサードリンク



Page Top


この改行が大事だったりする→
main_box_reverse